社会 エンタメ・ブランド



スポンサード リンク

2007年05月17日

2007年ミス・ユニバース水着審査に登場の森理世さん

メキシコで5月28日に開かれる2007ミス・ユニバース世界大会に向けて、16日にカミノレアル・ホテルのプールにて、水着審査が行われました。

こちら、世界大会に出場するミス・ユニバース・ジャパンの森理世さんの水着画像です。今年、20歳でしたっけ。
素晴らしい体ですね・笑
留学経験もあり、これを機会にアメリカで仕事をしたいとかもインタービューされてましたっけ?

43歳のコメンター「海外記者」としましては、羨ましい若さです!
昨年、2006年ミス・ユニバースでは、日本代表の知花くららさんが準優勝を物にしましたが、プレッシャーの中、若い森理世さんの活躍は如何に!


posted by エンタメ・ブランド at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ポール・ポワレの回顧展イベントに多くの著名人が参加

皆さん、ポール・ポワレというデザイナーの名をご存知でしょうか?
ポール・ポワレとは、1879年から1944年の存命した近代ファッションの父、「脱コルセット」の服を作った女性服の革命者、女性解放者と称されるデザイナーです。

そのデザイナー ポール・ポワレの回顧展「ポワレ:ザ・キング・オブ・ファッションが、メトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュートで、5月9日から8月5日まで開かれます。

これに先駆け7日、展示会の内覧会とチャリティー・イベント「コスチューム・インスティテュート・ガラ」が行われ、著名者が集まりました。主な著名者としては、映画「シュレック3」でフィオナ姫の声優をする女優のキャメロン・ディアス、映画「スパイダーマン」シリーズのヒロイン「メリー・ジェーン」役の女優のキルスティン・ダンスト、アパレルメーカー「トップショップ」とコラボしたモデルのケイト・モスなどが姿を見せました。



posted by エンタメ・ブランド at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

メキシコで1万8000人の全裸のヌードアート

1万8000人の全裸モデル。1万8000人のヌードモデルです・笑
大勢の裸のモデルの撮影で有名な米国の写真家スペンサー・チューニック氏による作品。
撮影は、メキシコ市のゾカロ広場で、ボランティアの全裸モデルを集めて行われました。

画像を見ると、ほとんどは男性の様ですが、女性の体型のモデルも混じっている模様。

撮影の許可を受けるまでに5年掛かったそうです。

一応、この全裸ヌードアートには政治的なメッセージが込められているそうですが、何人の人がそのメッセージをストレートに受け止められることか?笑
にしても、1万8000人という自主参加も凄いですね。
あなたなら、全裸ヌードアートに参加しますか?笑
参加して人たちは、スペンサー・チューニック氏のメッセージを理解してでの参加なのかな???

posted by エンタメ・ブランド at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ルーシーさん事件のその後、検察当局が控訴!

イギリス旅行を考えている人なら、とても気になるのがルーシーさん事件だと思います。

4月24日にオーストラリア人女性、カリタ・リジウェンさんら9人に対する準強姦致死で無期懲役の判決を受けた織原被告ですが、こととルーシーさん事件については、証拠不充分のため、無罪となった事件です。

この判決に対して、検察当局が控訴したということで、検察当局には頑張ってもらい、日本の検察の力を世界に認めてもらうためにも、有力な証拠を是非とも提出して欲しい物です。
それで無ければ、イギリスでの日本人の肩身は、少々辛い物となりそうですし、なんと言ってもルーシーさんの魂が報われません。
そしてご家族のやり切れなさも計り知れませんから。


posted by エンタメ・ブランド at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ルーシーさん事件、織原被告無罪?国際関係として英国の反感も心配

ルーシー・ブラックマンさん事件の織原被告無罪判決に、衝撃的に驚いています。
確かに、証拠不十分ということもあるのでしょうが、真犯人も見つかっていない状況で、これは、警察や検察の力不足を世界に知らしめることになってしまったのでは?

ルーシーさん事件については、英国でも大きく取り上げられ、トニー・ブレア首相も犯人逮捕を強く要請していたという事件です。
確かに冤罪は問題ですが、他にも余罪があって無期懲役の判定を受けている織原被告に対し、無罪はありえるのでしょうか?

検察側の証拠提出不充分により、判事が慎重になるのは判ります。

ルーシーさんの父親は行動力も権力もありそうですし、親日的なコメントも当初は残していたようですので、これはこのままでは終わらなさそうな。

判事を責めるのは罪で、証拠が集められなかった検察側に問題があるということになるのですが、しかし、既に余罪で無期懲役を受けている被告でしょう?幾ら、本件で証拠不充分でも判事の判決で何とかならなかったのだろうか?
幾らなんでも、無罪ってあり?

いや、ほんと。なんで、証拠、見つからなかったんだろう・涙
マジで、日英関係によろしくないですよ、今回の判決!
一般の人は、裁判に詳しいわけじゃないから、無罪に対して一般の英国人は理解を示さないと思う。

私ごとで私はアメリカ在住ですが、もし、これがアメリカ人の娘さん相手にこんな判決が出たら、ちょっとアメリカに居たたまれないです。正直言って。


posted by エンタメ・ブランド at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。